• 大橋しん

勘違い



勘違いには自分をガラリと変える力がある



入れ込むのも惚れ込むのも自分の壁を突破する手段になる



振り返った時微笑ましく受け取ればいい



勘違いを重ねまくって生きてきたとしてもまだ生きていたりする



勘違い自体が大きな問題ではないのだろう



問題となるのは勘違いを恐れる事



そのブレーキは一言で言うと「思い込み」



思い込みを捨てて勘違いして



堂々と生きていたらいい

閲覧数:17回0件のコメント

最新記事

すべて表示

出されたものにイエスかノーか 答えるのは簡単 出す方になることを 自分の中でイエスと言って 実行してみよう 出されたものに対する答え方が変わるよ より思い込みに捉われていない方に

相手と自分の違いを感じた時 相手が引っ張ってきたり 自分の方へ引っ張ったり 綱引きになる前に 自分が綱から手を離し 相手との真ん中で出会うために歩き出そう

僕らは相手がどういう人か 言葉ではなく在り方で判断している だから知識を詰め込んで言葉を仕入れるよりも 自分の在り方を学ぶ方を先にする方がいい *在り方=振る舞い+たたずまい