top of page
  • 大橋しん

おやじ



正月、実家に帰ると



両親が我が子を迎えてくれる



以前は世の中に腹を立ててばかりだったおやじも



孫を見てニコニコしている



穏やかなのがいいと



若い頃も分かってはいたのだろう



それでも昭和のおやじは政治に経済に世間に



怒る事を止められない全共闘の男だった



闘いに疲れたのか摩耗したのか



孫の可愛さに全面降伏したのか



いつの間にか好々爺になった



ずるいぞ



俺たち兄弟は



猛り怒り闘っていたお前の姿を忘れていないからな

閲覧数:33回0件のコメント

最新記事

すべて表示

僕らの中にある最も強い恐れ 馬鹿に見られたくないという欲求 どこから来るかは明白 収穫物のありかを知っているものと 一緒にいるのが生存率が高かった 何百万年も続いた狩猟採集時代 知っているかどうかが生き死にに関わった残酷な時代 マウントを取るという言葉は大袈裟でも揶揄でもなく 賢さをアピールする事は誰かについてきてもらいたくて 一人だと不安だからするものだった そのアピールは恐れ 優しい目で見てあ

あなたの靴を見に行ってみよう その靴がしゃべれるとすれば あなたに何を訴える? そしてあなたの心はどう動く 心が動いたら 次はどう行動する? それが「動機」 何がしたいとか 何が欲しいとか どうなりたいのか ではないよね?

余裕のある人には何がある? それは同じことをしてもあなたよりも時間を取っている ということ 見る人によってはフツーかもしれない ということは あなたはそんな人を見ることによって 自分のどこに時間を割けば 余裕のある人になれるのか もうはっきり見えているわけだ あとは実行するのみ!

bottom of page