• 大橋しん

分かるようにスッキリさせるのは情報提供者。先生はあなたと一緒にもがく人

僕を導いてくれた先生たちはどんな人達か。


何かをスッキリ分からせてくれた人…


そんな人はいませんでした。


謎の谷に突き落とし、自分で這い上がってくるように。


そう言う人たちばかりでした。



と、いうのも、僕は分かってスッキリ!な発言をする人を先生と認知して来なかったから。


その人たちは、通りすがりの便利な情報提供先。


それ以上の存在ではありませんでした。



僕にとって「先生」とは、全力で一緒になぞ解きをしてくれる人。


ただ、自分よりずっと前から先生の方が先に進み始めていたので、自分が後を追いかけることになっただけ。


僕にとって先生とは、懸命に伝えようともがきながら表現をする人たち。


本人がもがきながら何とか表現しようとしているのだから、聞いているこっちがスッキリするわけないんですね。


あなたのためにそこまでエネルギーを割いてくれる人。


それが同じ方向に先行く人、先生、です。

18回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

押さないこと。そして引かないこと

アレクサンダー・テクニークの教師になるトレーニングには幾つかの重要課題があります。 そのうちの一つに「リーディング・フォローイング」というのがあります。 指導するとき、リードすることとついて行くことを同時にやる。 また、僕の師匠ブルース・ファートマンは理想の教育者のスタンスを、 「後ろから、囁き声で勇気づける」ように、 と、著書で言い表しています。 生徒の前から引っ張って先導するでもなし、後ろから

Flow Ethics, Inc. 兵庫県神戸市東灘区田中町3 080-4134-9888 Sponsored by

Screenshot%202020-01-15%20at%2013.37_edi
Screenshot%202020-01-15%20at%2013.38_edi