• 大橋しん

年齢を重ねユニークは極まる

僕は子供の頃からユニークな存在に魅了されてきました。


そして十代になるとユニークな振る舞いをしたくてしょうがなかった。


今大人になって、世間の大人を見ると、誰もがある種のユニークさを持っている事に気づきます。


子供の頃、ユニークさを持ちたかったのは、大人になりたかった事の変形だと思い至ります。


その頃は大人になりたいという願望を認めたくなくて、ユニークでいたい、ということにしていたというわけ。



仕事の都合、終齢を迎えた方々と接しますが、ご高齢ともなるともうユニークの塊!


ここでのユニークはあくまで愛情を持って言っておりますが、本当に誰もが「極まって」います。


それで僕は「個性的になること」と「齢を重ねること」は同一のものであるという考えにたどり着いています。



僕自身は年令を重ね、機能が衰え、やがて朽ちていくことに怖さがない、というか関心が向かないのですが、その代わり、「どんなユニークな年寄りになるのか」にとても興味を持っています。


自分がどうなるか、なんてコントロールが効きそうで実は全然そうじゃないのですが、いずれ持つ自分の「ユニークさ」には自分なりの責任を持ちたいな、と思っています。



「老い」を個性を極めることに置き換えてみると、世の中を見る目線がちょっと優しくなるのを感じます。


あなたは「老い」を怖がっていますか?それとも楽しみますか?


絶対に来るんですよ?


どうせなら…。

16回の閲覧

最新記事

すべて表示

感じやすい人(HSP)への導入

ハイリー・センシティブ・パーソン(HSP)、超感じやすい人という言葉がちらほら見られるようになりました。 それってある程度みんなそうじゃないの? て思われますが、本人に突っ込んで聞くと相当困った事態に陥るようです。 本人が困って、本人だけでなく周りにも社会生活に支障が出ると、「病的」とまで言われるようになります。 不安障害の対人限定の派生で生まれた概念のようですが、あなたは自分をHSPだと思います

これだ!の正体は迷い

魚拓やメダル、目に見える成果って飾っておきたくなるのが人情。 成果は見方を変えれば執着です。 執着って本能かな?て思ってましたが、僕の子供を見ていて、違うな、と思うようになりました。 うちのある一つの木箱には折り紙から紙で作った造形物でいっぱいになっています。 6歳の子供に「作ったものはここに入れること」としている箱なんですが、作ったときの達成感と見合わないくらい見返したりしません。 それを見てい

自分のスタイルと「らしさ」の違い

これが私のスタイルなの! という言葉に、どのような印象を持たれますか? また、私らしさと、私のスタイルはどう違うか? これらは混同されていることが多いのですが、ふとした時にこの混同が大きな障壁になったりします。 問題を感じ、変化が必要なときに。 スタイル、例えば体型としてのスタイルだったら維持するのは大変だったりします。 一方、「らしさ」は自分の意志に関わらずにじみ出てしまうもの。 世界(自分以外

Flow Ethics, Inc. 兵庫県神戸市東灘区田中町3 080-4134-9888 Sponsored by

Screenshot%202020-01-15%20at%2013.37_edi
Screenshot%202020-01-15%20at%2013.38_edi