• 大橋しん

人に宿る野生、筋肉でコミュニケーションを取る

僕のリハビリはマッサージもストレッチも筋トレもありませんが、可能性がある人は状態が次第に良くなっていきます。


僕は思考を超えて筋肉と交渉している感じがあります。


筋肉には野生が宿っているのが分かります。


というより、人に眠る野生を筋肉から知ることができます。


筋肉にしか表現が許されていないから、コミュニケーションはそこから、という感じです。


一切喋ることができなくなったとしても、内面を感じ取ることができます(その内容まではわかりませんが…)。



こんな話に何じゃそりゃ?てなる人は多いでしょうから、引き合いに乗馬を出しましょう。



僕は長野に行って馬で公道を走りました。


4日のレッスンの間で、ある馬とはウマがあったから、それができました。


言葉によるやり取りはできないので、相手とは動きで互いの存在を受け入れました。


筋肉で交渉したようなものです。


ある提案に対して拒絶するものもあれば、試してみたり、好んでしてくれることがあったり。


それらは思考を超えて、動きで互いを知るという体験でした。



これは僕が特別な能力を持っているわけではなく、犬を引くリードによってその子の機嫌が分かったりするのと同じです。


誰でも動きから相手の野生を知ることはできると思います。


僕はそれをリハビリにも太極拳の指導にも応用しています。



最近はその使い方を教えることもできるようになってきています。


これらを中継してくれているのが「アレクサンダー・テクニーク」なのです。


別に奥深くありません。取り組んでいるのは自然なことです。


頭が、ややこしくしているだけです。

32回の閲覧

最新記事

すべて表示

感じやすい人(HSP)への導入

ハイリー・センシティブ・パーソン(HSP)、超感じやすい人という言葉がちらほら見られるようになりました。 それってある程度みんなそうじゃないの? て思われますが、本人に突っ込んで聞くと相当困った事態に陥るようです。 本人が困って、本人だけでなく周りにも社会生活に支障が出ると、「病的」とまで言われるようになります。 不安障害の対人限定の派生で生まれた概念のようですが、あなたは自分をHSPだと思います

年齢を重ねユニークは極まる

僕は子供の頃からユニークな存在に魅了されてきました。 そして十代になるとユニークな振る舞いをしたくてしょうがなかった。 今大人になって、世間の大人を見ると、誰もがある種のユニークさを持っている事に気づきます。 子供の頃、ユニークさを持ちたかったのは、大人になりたかった事の変形だと思い至ります。 その頃は大人になりたいという願望を認めたくなくて、ユニークでいたい、ということにしていたというわけ。 仕

これだ!の正体は迷い

魚拓やメダル、目に見える成果って飾っておきたくなるのが人情。 成果は見方を変えれば執着です。 執着って本能かな?て思ってましたが、僕の子供を見ていて、違うな、と思うようになりました。 うちのある一つの木箱には折り紙から紙で作った造形物でいっぱいになっています。 6歳の子供に「作ったものはここに入れること」としている箱なんですが、作ったときの達成感と見合わないくらい見返したりしません。 それを見てい

Flow Ethics, Inc. 兵庫県神戸市東灘区田中町3 080-4134-9888 Sponsored by

Screenshot%202020-01-15%20at%2013.37_edi
Screenshot%202020-01-15%20at%2013.38_edi