• 大橋しん

すぐ怒る人と一緒にいる方法

僕は怒ると人の言っていることが聞こえなくなるし、注意を促されないと気付かないくらいものが見えなくなります。


怒ると感覚が閉ざされる。それは誰もが感じることだと思います。


なんで感覚が閉ざされるかというと、危機回避のために情報をどこかに絞る必要があるのでしょう。


動物的な反応をしているな、と思う瞬間です。


怒るとアドレナリンが分泌され、交感神経が刺激されます。


生存の可能性を見出すために、多すぎる情報は遮断されなければいけない。


怒る、というモードは動物としてのただの仕組みであって、よいもわるいもありません。



さて、私達が怒ると、大抵は良い結果をもたらしはしません。


なぜか?


私達の怒りは、大抵は生存の可能性を上げることと繋がっていないからです。


じゃあなんで怒るの?


人が追い詰められる環境が、生き死にに関係なく飽和しているからです。


その環境とは、情報。


自分の頭を刺激し、活動的にします。



怒っている人の前では、さらに必要な情報はありません。


あなたが静かにしていれば、それは収まります。


大抵の場合、忠告よりも沈黙が必要です。



43回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

押さないこと。そして引かないこと

アレクサンダー・テクニークの教師になるトレーニングには幾つかの重要課題があります。 そのうちの一つに「リーディング・フォローイング」というのがあります。 指導するとき、リードすることとついて行くことを同時にやる。 また、僕の師匠ブルース・ファートマンは理想の教育者のスタンスを、 「後ろから、囁き声で勇気づける」ように、 と、著書で言い表しています。 生徒の前から引っ張って先導するでもなし、後ろから