• 大橋しん

すぐ怒る人と一緒にいる方法

僕は怒ると人の言っていることが聞こえなくなるし、注意を促されないと気付かないくらいものが見えなくなります。


怒ると感覚が閉ざされる。それは誰もが感じることだと思います。


なんで感覚が閉ざされるかというと、危機回避のために情報をどこかに絞る必要があるのでしょう。


動物的な反応をしているな、と思う瞬間です。


怒るとアドレナリンが分泌され、交感神経が刺激されます。


生存の可能性を見出すために、多すぎる情報は遮断されなければいけない。


怒る、というモードは動物としてのただの仕組みであって、よいもわるいもありません。



さて、私達が怒ると、大抵は良い結果をもたらしはしません。


なぜか?


私達の怒りは、大抵は生存の可能性を上げることと繋がっていないからです。


じゃあなんで怒るの?


人が追い詰められる環境が、生き死にに関係なく飽和しているからです。


その環境とは、情報。


自分の頭を刺激し、活動的にします。



怒っている人の前では、さらに必要な情報はありません。


あなたが静かにしていれば、それは収まります。


大抵の場合、忠告よりも沈黙が必要です。



40回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

悩みと現実を分けるのに必要なのはエンカレッジ

仕事柄悩みを聴く立場であることが多いのですが、ふとした時に気付いたのは、悩みはご本人が増幅させることで、現実として本当に問題になっているということです。 本当の問題とは、健康や人間関係の悪化です。 一方、悩みとは本来、本人以外とは関係がありません。 悩みは思考活動の問題、健康や人間関係は身体活動の問題です。 アタマのことと身体のこと、ファンタジーとリアル、を明確にする。 アレクサンダー・テクニーク

Flow Ethics, Inc. 兵庫県神戸市東灘区田中町3 080-4134-9888 Sponsored by

Screenshot%202020-01-15%20at%2013.37_edi
Screenshot%202020-01-15%20at%2013.38_edi