• 大橋しん

何か違うと思ったら必ず原因がある

最終更新: 9月27日

先日、雑貨店でインドネシアのキッチンマットを買いました。


棕櫚編みの楕円形のやつです。*棕櫚ではなくアタだそうです(9月27日追記)。


よく見る形で、うちにも2つあるのですが子供が大きくなってきて、お揃いのサイズをひとつと思ったのです。


1500円。


買って帰って妻に見せると、見た目は同じだけどうちのは3000円のものだと。


並べてよく見ると、あれ、形はそっくりなのになにか違う…。


光沢が違う…でもニスのせいじゃない…編み込まれた素材をよく見ると…


あれ?うちにある方は棕櫚の太さが揃っている!


新しく買った安い方は、素材の太さが微妙に違っていて、遠目で見ると目の揃いの不均等さがテカリ具合に反映されてザラついて見えるのです。


そのザラつきが、なにやら貧相な雰囲気を醸し出している。見れば見るほど、他の2つと違います。



妻はギャラリーに勤めていたことがあり、手工芸品をよく見てきたので、モノの違いが何となく分かるし、それが値段に反映されていることを知っています。


だから値段で決めてはいけない、とよく注意されるのですが、ずっと節約生活をしてきた僕はどうしても値段を気にしてしまいます。


でも、やはり何か違う、と思ったらそう感じた理由があり、納得できる背景が必ずあるのです。


セラピーの手もそう。


受け手がよいか悪いか、素人であっても「何か違う」のは感じているのです。


だからって自分でその違いが分かるのは難しいことで、より先を行く人に素直に聞くのが一番かな、と思います。


まず先人に倣う。大事ですね。


33回の閲覧

最新記事

すべて表示

アトピーを終わらせたのは心からのあきらめ

知人に一晩でアトピーが好転した人がいます。 その方は学生の頃からアトピーに悩まされていました。 夜はかきむしって血まみれだし、ステロイドを強くしてもきりがない。 なんで自分だけこんな目に…今お悩みの方と同じように、腹立たしい気持ちでいる毎日。 食事を工夫したり、薬や保湿剤を厳選して徹底的に塗ったり、丁寧にこまめに洗ったり、あらん限りの肌のケアをしていたそうです。 何年も経って、あるとき、何かがプツ

人に宿る野生、筋肉でコミュニケーションを取る

僕のリハビリはマッサージもストレッチも筋トレもありませんが、可能性がある人は状態が次第に良くなっていきます。 僕は思考を超えて筋肉と交渉している感じがあります。 筋肉には野生が宿っているのが分かります。 というより、人に眠る野生を筋肉から知ることができます。 筋肉にしか表現が許されていないから、コミュニケーションはそこから、という感じです。 一切喋ることができなくなったとしても、内面を感じ取ること

多国籍空間で気づく日本と日本人の根強いクセ、世界とは繋がったほうがよいと生徒に言っているのなら、自分から

アレクサンダー・テクニーク国際会議で発表してきました。 きました、と言ってもウェブ会議なので、家からのお送りでしたが…。 本来ノース・キャロライナの予定だったのですが、コロナでどこも移動できないので今年はウェブで開催されました。 僕は手の使い方について発表しました。 数十年のキャリアを持つベテランら相手に手の使い方を僕が提案するってどうよ、って感じですが、太極拳のアイデアを応用する方法はハッキリ示

Flow Ethics, Inc. 兵庫県神戸市東灘区田中町3 080-4134-9888 Sponsored by

Screenshot%202020-01-15%20at%2013.37_edi
Screenshot%202020-01-15%20at%2013.38_edi