• 大橋しん

子供の集中力と親の待つ力は関係がある

子供の集中力と親の待つ能力には関係があると見ています。


うちの子は、よく「集中できる子だね」とか「この子は待てる子だね」と言われます。


確かに、他の子を見ていると、外部からの刺激や、(おそらく)頭の中の欲求に引っ張られて、気持ちが始終あちこちに行っているように見えます。


また、集中といってもうちの子は没頭するわけでもなく、話しかけたら切り替えられるくらいコントロールが効いた集中の仕方です。


返事をしないくらいまで没頭していない。



なんでかな?別にうちは厳しいわけではないし。



で、他の親を見ていると、分かってくることがありました。


親が待てていないのです。


その子が何かをしているとき、頭がよそへ行っている。


親がちゃんと一緒にいてくれないので、やっていることに集中できない。


親がスマホ見ながら、見ているつもりでも「今ここ」に一緒にいない。不安になるんです。



フリでも、ダメです。子供にはちゃんと分かってしまう。


そしてその落ち着かない注意の振り分け方が、生存戦略になってしまっている。




僕が最低限子供にやっているのは、待つこと。


身体だけではなく、頭の中も。


ながらではなく、何かの間に仕方なく過ごすのではなく、楽器を弾くように、ひとつのれっきとした行為として。


おそらく違いは、そこだと思います。



親のせいだって言いたいわけじゃありません。


子供の気があちこちに向くのは、環境適応の結果なのです。


そこには危険や不安、というものが関わっている。


子と親は、一緒にいるべき時期というものがあるのだと思います。



父親へ!13歳までは自分の時間はないと思え!


どこかのおばあちゃんが言ってました。佐藤初女さんだったかな?


13歳まで…。僕にだってキツく感じますけど、そういうものなんでしょう。



最新記事

すべて表示

呼吸に気づくポイントが、それぞれある

呼吸を止めているポイントは、人によって様々ですが共通することもあります。 このリストの中で、呼吸を止めている事に気付いたら手放す。 止めていなくても、ひそめたり制限をかけていたりします。 呼吸を思い出すのは、究極に簡単な養生法ですね。 さて、リストはこちら。 ・何かを待っているとき ・何かを選んでいるとき ・何かを探しているとき ・何かを我慢しているとき ・何か損得を計算しているとき これは展開で

こわばりをスキャンする

いつも太極拳クラスで、全身のこわばりをスキャンしています。 ヨガマットの上に仰向けになり、両膝を立てて両手はお腹の上におきます。 チェックリストは以下のよう。 ・頭皮は張ったり捻じれていないか ・額や眉はつり上がっていないか ・眉間を寄せていないか ・目玉はギュッとしていないか ・顔の筋肉は張っていないか ・口の中はおもちのようにやわらかいか ・ベロはどこかに押し付けられていないか ・アゴを頭蓋骨

太極拳で気付いた、身体の向きの変え方は2種類だけ

昨日の夜、太極拳の部分的なテクニックをどう説明したものか考えながら練習して、はたと気付きました。 手の用途でまとめていたものが、実は身体を反転するテクニックだったことを。 手に注目するとそれは一生分からないかもしれない。太極拳の教えに執着していても。 理学療法士ならではのストレッチ感の知識がそれを教えてくれました。 僕の学んできたものは、古い順に ・チェロ等楽器演奏 ・アレクサンダー・テクニーク

Flow Ethics, Inc. 兵庫県神戸市東灘区田中町3-10-4 080-4134-9888 Sponsored by

Screenshot%202020-01-15%20at%2013.37_edi
Screenshot%202020-01-15%20at%2013.38_edi