• 大橋しん

子供の集中力と親の待つ力は関係がある

子供の集中力と親の待つ能力には関係があると見ています。


うちの子は、よく「集中できる子だね」とか「この子は待てる子だね」と言われます。


確かに、他の子を見ていると、外部からの刺激や、(おそらく)頭の中の欲求に引っ張られて、気持ちが始終あちこちに行っているように見えます。


また、集中といってもうちの子は没頭するわけでもなく、話しかけたら切り替えられるくらいコントロールが効いた集中の仕方です。


返事をしないくらいまで没頭していない。



なんでかな?別にうちは厳しいわけではないし。



で、他の親を見ていると、分かってくることがありました。


親が待てていないのです。


その子が何かをしているとき、頭がよそへ行っている。


親がちゃんと一緒にいてくれないので、やっていることに集中できない。


親がスマホ見ながら、見ているつもりでも「今ここ」に一緒にいない。不安になるんです。



フリでも、ダメです。子供にはちゃんと分かってしまう。


そしてその落ち着かない注意の振り分け方が、生存戦略になってしまっている。




僕が最低限子供にやっているのは、待つこと。


身体だけではなく、頭の中も。


ながらではなく、何かの間に仕方なく過ごすのではなく、楽器を弾くように、ひとつのれっきとした行為として。


おそらく違いは、そこだと思います。



親のせいだって言いたいわけじゃありません。


子供の気があちこちに向くのは、環境適応の結果なのです。


そこには危険や不安、というものが関わっている。


子と親は、一緒にいるべき時期というものがあるのだと思います。



父親へ!13歳までは自分の時間はないと思え!


どこかのおばあちゃんが言ってました。佐藤初女さんだったかな?


13歳まで…。僕にだってキツく感じますけど、そういうものなんでしょう。



36回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

押さないこと。そして引かないこと

アレクサンダー・テクニークの教師になるトレーニングには幾つかの重要課題があります。 そのうちの一つに「リーディング・フォローイング」というのがあります。 指導するとき、リードすることとついて行くことを同時にやる。 また、僕の師匠ブルース・ファートマンは理想の教育者のスタンスを、 「後ろから、囁き声で勇気づける」ように、 と、著書で言い表しています。 生徒の前から引っ張って先導するでもなし、後ろから

Flow Ethics, Inc. 兵庫県神戸市東灘区田中町3 080-4134-9888 Sponsored by

Screenshot%202020-01-15%20at%2013.37_edi
Screenshot%202020-01-15%20at%2013.38_edi