• 大橋しん

太極拳も他のパフォーマンス同様ストーリーが大切

昨日の夜は荒井先生、僕の太極拳の先生とのレッスンでした。


僕は自分の教室で指導していますが、レッスンも受け続けています。


この先、どちらかが太極拳をやめるまで関係は続くと思います。


どちらも一生やめなかったら一生関係は続くような気がします。



さて、荒井先生は楊式で世界一を取っていますが、孫式、武式、呉式、陳式もすべて総本山を回って勉強してきています。


僕と同い年なのに、どうしてそんな事が経験できるかというと、北京大学の武術科に10年間出入りしていたからです。


どれも面白いところがあって、何が一番好きとかはないそうです。


どれが優れているか、劣っているかとか感じることもないそうです。


また、同じ流派でも指導者によって違うので、詰まるところ太極拳は自分を見つめていくだけで、まず自分の先人に敬意を払わないとそれはできないものだと言います。



どのスタイルでも、オリジナルに落ち着いても、伝統教義に乗っ取らなくてもよい。


それぞれに価値があり、美しさがあり、命を感じる。


ただしその表現には然るべき理由がないと、ストーリーを感じられないと心は動かされない。


支離滅裂は困惑するだけだし、上手にうわべをコピーしたとしても、その背景、ストーリーにふさわしい表現であるかどうかで「魅入ってしまう」か、「借り物」を我慢して見させられるのか、眠たくなるのか、分かれるとの事です。


僕がオリジナルを作っていることを先生は知っていて、それには口出しをしたりしてはこないのですが、「見ていて眠くならない」かどうかが肝心だね、と言われます。


ストーリーあれ、と。


ストーリーがないのに語られ続けるのは、おしゃべりであり、一方的に続けられると相手には苦痛なのです。


物事と向き合ってこそ語られるものが出てくる。


平家物語のように伝承でもいいし、オリジナルでもいい。


それを聞いて面白いと思う他人がいてこそ、ストーリー。


相手が眠くなるなら、そこにはストーリーがないのかもしれません。


19回の閲覧

最新記事

すべて表示

こわばりをスキャンする

いつも太極拳クラスで、全身のこわばりをスキャンしています。 ヨガマットの上に仰向けになり、両膝を立てて両手はお腹の上におきます。 チェックリストは以下のよう。 ・頭皮は張ったり捻じれていないか ・額や眉はつり上がっていないか ・眉間を寄せていないか ・目玉はギュッとしていないか ・顔の筋肉は張っていないか ・口の中はおもちのようにやわらかいか ・ベロはどこかに押し付けられていないか ・アゴを頭蓋骨

太極拳で気付いた、身体の向きの変え方は2種類だけ

昨日の夜、太極拳の部分的なテクニックをどう説明したものか考えながら練習して、はたと気付きました。 手の用途でまとめていたものが、実は身体を反転するテクニックだったことを。 手に注目するとそれは一生分からないかもしれない。太極拳の教えに執着していても。 理学療法士ならではのストレッチ感の知識がそれを教えてくれました。 僕の学んできたものは、古い順に ・チェロ等楽器演奏 ・アレクサンダー・テクニーク

足の裏を耕す

少林寺で地面に竹をいっぱい刺して、その上で修行するというのがあります。 また、大きな丸い石の上で立っているだけ、という訓練もあります。 これらは足の裏の感覚に特化したもので、丸いものの上に立つのは特に拇指球を地面に押し付けるのに役立っているのだと思います。 それで僕の太極拳の荒井先生は、僕に普段からメディシンボールに乗って歯磨きするように言われました。 僕がそれをやっていると子供もするようになりま

Flow Ethics, Inc. 兵庫県神戸市東灘区田中町3-10-4 080-4134-9888 Sponsored by

Screenshot%202020-01-15%20at%2013.37_edi
Screenshot%202020-01-15%20at%2013.38_edi