• 大橋しん

太極拳で気付いた、身体の向きの変え方は2種類だけ

昨日の夜、太極拳の部分的なテクニックをどう説明したものか考えながら練習して、はたと気付きました。


手の用途でまとめていたものが、実は身体を反転するテクニックだったことを。


手に注目するとそれは一生分からないかもしれない。太極拳の教えに執着していても。


理学療法士ならではのストレッチ感の知識がそれを教えてくれました。



僕の学んできたものは、古い順に


・チェロ等楽器演奏


・アレクサンダー・テクニーク


・太極拳


・理学療法


です。



これらは僕というナベに一緒くたに放り込まれ、どんな料理ができるのか、自分でも分からないのです。それが楽しい。


それぞれがうまく補完しあって、オリジナルな表現ができて、新しいものが伝えられたらいいな、と思っています。


軸は「動いても、そこにいるだけでも快適」。



最近、インフルエンサーたちがもう新しいもので勝負するのはオワコン、実力でやるのもオワコンと口を揃えて言っています。


そういった流れがあるのは分かるけど、お金という軸で語ったら、ということじゃないかな?



お鍋に入っているものが足りないだけで、それを何かのせいにするときにオワコンと言っているのだと思いますが、どうでしょう?



38回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

押さないこと。そして引かないこと

アレクサンダー・テクニークの教師になるトレーニングには幾つかの重要課題があります。 そのうちの一つに「リーディング・フォローイング」というのがあります。 指導するとき、リードすることとついて行くことを同時にやる。 また、僕の師匠ブルース・ファートマンは理想の教育者のスタンスを、 「後ろから、囁き声で勇気づける」ように、 と、著書で言い表しています。 生徒の前から引っ張って先導するでもなし、後ろから

Flow Ethics, Inc. 兵庫県神戸市東灘区田中町3 080-4134-9888 Sponsored by

Screenshot%202020-01-15%20at%2013.37_edi
Screenshot%202020-01-15%20at%2013.38_edi