• 大橋しん

太極拳で気付いた、身体の向きの変え方は2種類だけ

昨日の夜、太極拳の部分的なテクニックをどう説明したものか考えながら練習して、はたと気付きました。


手の用途でまとめていたものが、実は身体を反転するテクニックだったことを。


手に注目するとそれは一生分からないかもしれない。太極拳の教えに執着していても。


理学療法士ならではのストレッチ感の知識がそれを教えてくれました。



僕の学んできたものは、古い順に


・チェロ等楽器演奏


・アレクサンダー・テクニーク


・太極拳


・理学療法


です。



これらは僕というナベに一緒くたに放り込まれ、どんな料理ができるのか、自分でも分からないのです。それが楽しい。


それぞれがうまく補完しあって、オリジナルな表現ができて、新しいものが伝えられたらいいな、と思っています。


軸は「動いても、そこにいるだけでも快適」。



最近、インフルエンサーたちがもう新しいもので勝負するのはオワコン、実力でやるのもオワコンと口を揃えて言っています。


そういった流れがあるのは分かるけど、お金という軸で語ったら、ということじゃないかな?



お鍋に入っているものが足りないだけで、それを何かのせいにするときにオワコンと言っているのだと思いますが、どうでしょう?



最新記事

すべて表示

呼吸に気づくポイントが、それぞれある

呼吸を止めているポイントは、人によって様々ですが共通することもあります。 このリストの中で、呼吸を止めている事に気付いたら手放す。 止めていなくても、ひそめたり制限をかけていたりします。 呼吸を思い出すのは、究極に簡単な養生法ですね。 さて、リストはこちら。 ・何かを待っているとき ・何かを選んでいるとき ・何かを探しているとき ・何かを我慢しているとき ・何か損得を計算しているとき これは展開で

子供の集中力と親の待つ力は関係がある

子供の集中力と親の待つ能力には関係があると見ています。 うちの子は、よく「集中できる子だね」とか「この子は待てる子だね」と言われます。 確かに、他の子を見ていると、外部からの刺激や、(おそらく)頭の中の欲求に引っ張られて、気持ちが始終あちこちに行っているように見えます。 また、集中といってもうちの子は没頭するわけでもなく、話しかけたら切り替えられるくらいコントロールが効いた集中の仕方です。 返事を

太極拳も他のパフォーマンス同様ストーリーが大切

昨日の夜は荒井先生、僕の太極拳の先生とのレッスンでした。 僕は自分の教室で指導していますが、レッスンも受け続けています。 この先、どちらかが太極拳をやめるまで関係は続くと思います。 どちらも一生やめなかったら一生関係は続くような気がします。 さて、荒井先生は楊式で世界一を取っていますが、孫式、武式、呉式、陳式もすべて総本山を回って勉強してきています。 僕と同い年なのに、どうしてそんな事が経験できる

Flow Ethics, Inc. 兵庫県神戸市東灘区田中町3 080-4134-9888 Sponsored by

Screenshot%202020-01-15%20at%2013.37_edi
Screenshot%202020-01-15%20at%2013.38_edi