• 大橋しん

姿勢には、正しさ以外のガイドが必要

姿勢をよくするにはどうしたらいいですか?


と、よく聞かれます。


壁に背中とかかとと頭をくっつけて、それをキープしなさい!


大体の姿勢のみほんは、そのようにかいてありますね。


それを、昨日の夜の太極拳クラスでしたら、


張り詰めて、息苦しいし、全然楽じゃない。



じゃあその頑張りを手放すと?


楽です。でも姿勢は崩れない?



骨を頼りにすれば、崩れない。


やってみると簡単にできます。繊細なだけ。



繊細さと楽さは、同居できます。


張り詰めて楽は、同居できない。


草木は繊細ですが、すっと立ってますよね。


あれとおなじ。



姿勢を正す。見た目を指標に。


それだと苦しいし、キープできない。


姿勢をなおす、その目的は?美しさ?快適さ?効率のよさ?


何を目的に、取り組みますか?


美しさ以外のものも必要なら、壁を、正しさを頼りにすると固さに因われてしまい、実現できません。


姿勢には、正しさ以外のガイドが必要なのです。


最新記事

すべて表示

悩みと現実を分けるのに必要なのはエンカレッジ

仕事柄悩みを聴く立場であることが多いのですが、ふとした時に気付いたのは、悩みはご本人が増幅させることで、現実として本当に問題になっているということです。 本当の問題とは、健康や人間関係の悪化です。 一方、悩みとは本来、本人以外とは関係がありません。 悩みは思考活動の問題、健康や人間関係は身体活動の問題です。 アタマのことと身体のこと、ファンタジーとリアル、を明確にする。 アレクサンダー・テクニーク

呼吸に気づくポイントが、それぞれある

呼吸を止めているポイントは、人によって様々ですが共通することもあります。 このリストの中で、呼吸を止めている事に気付いたら手放す。 止めていなくても、ひそめたり制限をかけていたりします。 呼吸を思い出すのは、究極に簡単な養生法ですね。 さて、リストはこちら。 ・何かを待っているとき ・何かを選んでいるとき ・何かを探しているとき ・何かを我慢しているとき ・何か損得を計算しているとき これは展開で

Flow Ethics, Inc. 兵庫県神戸市東灘区田中町3 080-4134-9888 Sponsored by

Screenshot%202020-01-15%20at%2013.37_edi
Screenshot%202020-01-15%20at%2013.38_edi