• 大橋しん

姿勢には、正しさ以外のガイドが必要

姿勢をよくするにはどうしたらいいですか?


と、よく聞かれます。


壁に背中とかかとと頭をくっつけて、それをキープしなさい!


大体の姿勢のみほんは、そのようにかいてありますね。


それを、昨日の夜の太極拳クラスでしたら、


張り詰めて、息苦しいし、全然楽じゃない。



じゃあその頑張りを手放すと?


楽です。でも姿勢は崩れない?



骨を頼りにすれば、崩れない。


やってみると簡単にできます。繊細なだけ。



繊細さと楽さは、同居できます。


張り詰めて楽は、同居できない。


草木は繊細ですが、すっと立ってますよね。


あれとおなじ。



姿勢を正す。見た目を指標に。


それだと苦しいし、キープできない。


姿勢をなおす、その目的は?美しさ?快適さ?効率のよさ?


何を目的に、取り組みますか?


美しさ以外のものも必要なら、壁を、正しさを頼りにすると固さに因われてしまい、実現できません。


姿勢には、正しさ以外のガイドが必要なのです。


最新記事

すべて表示

呼吸に気づくポイントが、それぞれある

呼吸を止めているポイントは、人によって様々ですが共通することもあります。 このリストの中で、呼吸を止めている事に気付いたら手放す。 止めていなくても、ひそめたり制限をかけていたりします。 呼吸を思い出すのは、究極に簡単な養生法ですね。 さて、リストはこちら。 ・何かを待っているとき ・何かを選んでいるとき ・何かを探しているとき ・何かを我慢しているとき ・何か損得を計算しているとき これは展開で

子供の集中力と親の待つ力は関係がある

子供の集中力と親の待つ能力には関係があると見ています。 うちの子は、よく「集中できる子だね」とか「この子は待てる子だね」と言われます。 確かに、他の子を見ていると、外部からの刺激や、(おそらく)頭の中の欲求に引っ張られて、気持ちが始終あちこちに行っているように見えます。 また、集中といってもうちの子は没頭するわけでもなく、話しかけたら切り替えられるくらいコントロールが効いた集中の仕方です。 返事を

こわばりをスキャンする

いつも太極拳クラスで、全身のこわばりをスキャンしています。 ヨガマットの上に仰向けになり、両膝を立てて両手はお腹の上におきます。 チェックリストは以下のよう。 ・頭皮は張ったり捻じれていないか ・額や眉はつり上がっていないか ・眉間を寄せていないか ・目玉はギュッとしていないか ・顔の筋肉は張っていないか ・口の中はおもちのようにやわらかいか ・ベロはどこかに押し付けられていないか ・アゴを頭蓋骨

Flow Ethics, Inc. 兵庫県神戸市東灘区田中町3 080-4134-9888 Sponsored by

Screenshot%202020-01-15%20at%2013.37_edi
Screenshot%202020-01-15%20at%2013.38_edi