• 大橋しん

雨でもフリー、予定は変えない

最近はカンカン照りから雲行きが怪しい日々が続くようになってきました。


久々にドイツのお話です。


僕はドイツへ行く前は、お出かけに天気を気にして、不都合を感じれば予定をキャンセルしたり延期していました。


きっと多くの日本人は天気で行動を変えるのが普通だと思います。


服は濡れるし、傘は必要だし、足場は悪くなるし…。


ところが、ドイツでは余程でないと傘をささないし、レインコートも長靴も見かけません。


雨が少ないのかと言うと、日本より遥かに多いのです。



タンデム・パートナーのアンヤにドイツに雨期はあるのか聞くと、


インマー(いつも)と答えていました。


ドイツの人はコートやジャケットにフード付きが多く、それをかぶるだけ。


雨が降っても、予定を変えることはありません。雨ぐらいで予定を変えていては、スケジュールがすぐにぐちゃぐちゃになってしまいます。


なんせ1年の半分は曇りか雨なのです(日本でも日本海側はそのくらいだそうですね)。


サッカーも雨で延期することはなく、バシャバシャやっています。



そういえばドイツのビジネス系週刊誌に、日本の折りたたみ傘が使い捨てられているのを特集として記事にしているのを見かけたことがあります。


ドイツのエコロジーへの関心は高く、ちょうど原発の完全廃棄を決めたのも僕が滞在していた頃でした。


ドイツ製の傘は、最近だと日本で見るのはクニルプス。ドイツで売っているのをよく見かけたのはマッキントッシュ。英国製です。


イギリスも日本より傘をささないと聞きました。そしてマッキントッシュといえば、ゴム引きのコート。


雨が降ってきたらやっぱりフードをかぶるのがヨーロッパなんですね。


そして両手が空くので、雨くらいで予定を変更することもないのだと思います。


日本も折りたたみ傘を使い捨てるのやめて、手軽なフードジャケットを持ち歩くといいんじゃないかな?なんて思ったりします。



10回の閲覧

最新記事

すべて表示

手の技術のプレゼンを国際会議でします

手の技術のプレゼンをアレクサンダー・テクニークの国際会議でします。 https://alti.memberclicks.net/schedule-japan-south-korea (10/18午後5時から1時間) 僕は太極拳の技術をセラピーなどの手の使い方に応用して、講習もしています(現在コロナの影響で休止中)。 その方法はモード法。流れを指標にするという意味でこの名前をつけています。 モード法

すぐ怒る人と一緒にいる方法

僕は怒ると人の言っていることが聞こえなくなるし、注意を促されないと気付かないくらいものが見えなくなります。 怒ると感覚が閉ざされる。それは誰もが感じることだと思います。 なんで感覚が閉ざされるかというと、危機回避のために情報をどこかに絞る必要があるのでしょう。 動物的な反応をしているな、と思う瞬間です。 怒るとアドレナリンが分泌され、交感神経が刺激されます。 生存の可能性を見出すために、多すぎる情

何か違うと思ったら必ず原因がある

先日、雑貨店でインドネシアのキッチンマットを買いました。 棕櫚編みの楕円形のやつです。*棕櫚ではなくアタだそうです(9月27日追記)。 よく見る形で、うちにも2つあるのですが子供が大きくなってきて、お揃いのサイズをひとつと思ったのです。 1500円。 買って帰って妻に見せると、見た目は同じだけどうちのは3000円のものだと。 並べてよく見ると、あれ、形はそっくりなのになにか違う…。 光沢が違う…で

Flow Ethics, Inc. 兵庫県神戸市東灘区田中町3-10-4 080-4134-9888 Sponsored by

Screenshot%202020-01-15%20at%2013.37_edi
Screenshot%202020-01-15%20at%2013.38_edi