• 大橋しん

まわりに線維筋痛症の人がいるなら

僕の妻は卒業後、大阪の会社に就職し、いわゆるOLをしていました。


そこで、トイレ掃除を念入りにしていたら、


「そんなこといいから仕事しなさい」


オフィスが殺風景だと思いお花を飾りたいと上司に申し出たら、


「そんなのどうでもいい」


と言われたりしていたそうです。


数年で仕事に行くとき気分が悪くなり、次第に病欠が増えていって、しまいに退社してしまいました。



人の気付かないところに気付いて、ちょっとを手をかけたりしたくなる。


でも、周りはなかなか喜んでくれたりしない。


わたしは社会に適応できない、と言います。



僕と一緒になったのも、人の気付かないところに気付いてくれたから、ということにして、引いたクジがよかったか悪かったか分かりませんが…


このコロナの夏は調子を崩してしまいました。


線維筋痛症という病気で、8年ほど前から発覚しました。



僕は他にも線維筋痛症の女性たちをリハビリしてきていますが、共通するのは「繊細すぎる」ところ。


人の気付かないところに目が留まる人が多いように思います。


人には分からない些細なことを大事に思ったり、他人の言動の微妙なニュアンスがずっと残ってしまったり…。


それは誰にでもあるかもしれませんが、その影響が身体に出てしまう回路を持ってしまっているようです。


症状は筋肉痛。焼けるようなヒリヒリする痛みから、刺すような激痛まで。


動くと辛いのでゴロゴロするようになり「サボリ病」と見られてしまいます。


この夏もゴロゴロしていました。


好きなだけゴロゴロしてもらいました。


夏休みなので、僕はずっと子供といました。


この夏開業したのに日中時間が割けず、深夜に起きて仕事をしていました(それで朝、マメにブログが更新されていた)。



子供といるのは楽しいのと我慢がどうしてもセットで、エネルギーが必要です。


僕でもしんどい時があるので、妻は大抵の場合しんどいのだと思います。


痛みは本人にしか分からないので、僕は辛さをすべて分かってあげることはできません。


こちらには判断がつかないこともいっぱいあります。


なので好きに振る舞ってもらって、したいことがあれば応援するようにしています。



あなたの周りに線維筋痛症だという人がいたら、好きなようにさせてあげてください。


お花を飾るのもゴロゴロするのも、世界と共にいるのに必要なようですから。



27回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

押さないこと。そして引かないこと

アレクサンダー・テクニークの教師になるトレーニングには幾つかの重要課題があります。 そのうちの一つに「リーディング・フォローイング」というのがあります。 指導するとき、リードすることとついて行くことを同時にやる。 また、僕の師匠ブルース・ファートマンは理想の教育者のスタンスを、 「後ろから、囁き声で勇気づける」ように、 と、著書で言い表しています。 生徒の前から引っ張って先導するでもなし、後ろから