• 大橋しん

まわりに線維筋痛症の人がいるなら

僕の妻は卒業後、大阪の会社に就職し、いわゆるOLをしていました。


そこで、トイレ掃除を念入りにしていたら、


「そんなこといいから仕事しなさい」


オフィスが殺風景だと思いお花を飾りたいと上司に申し出たら、


「そんなのどうでもいい」


と言われたりしていたそうです。


数年で仕事に行くとき気分が悪くなり、次第に病欠が増えていって、しまいに退社してしまいました。



人の気付かないところに気付いて、ちょっとを手をかけたりしたくなる。


でも、周りはなかなか喜んでくれたりしない。


わたしは社会に適応できない、と言います。



僕と一緒になったのも、人の気付かないところに気付いてくれたから、ということにして、引いたクジがよかったか悪かったか分かりませんが…


このコロナの夏は調子を崩してしまいました。


線維筋痛症という病気で、8年ほど前から発覚しました。



僕は他にも線維筋痛症の女性たちをリハビリしてきていますが、共通するのは「繊細すぎる」ところ。


人の気付かないところに目が留まる人が多いように思います。


人には分からない些細なことを大事に思ったり、他人の言動の微妙なニュアンスがずっと残ってしまったり…。


それは誰にでもあるかもしれませんが、その影響が身体に出てしまう回路を持ってしまっているようです。


症状は筋肉痛。焼けるようなヒリヒリする痛みから、刺すような激痛まで。


動くと辛いのでゴロゴロするようになり「サボリ病」と見られてしまいます。


この夏もゴロゴロしていました。


好きなだけゴロゴロしてもらいました。


夏休みなので、僕はずっと子供といました。


この夏開業したのに日中時間が割けず、深夜に起きて仕事をしていました(それで朝、マメにブログが更新されていた)。



子供といるのは楽しいのと我慢がどうしてもセットで、エネルギーが必要です。


僕でもしんどい時があるので、妻は大抵の場合しんどいのだと思います。


痛みは本人にしか分からないので、僕は辛さをすべて分かってあげることはできません。


こちらには判断がつかないこともいっぱいあります。


なので好きに振る舞ってもらって、したいことがあれば応援するようにしています。



あなたの周りに線維筋痛症だという人がいたら、好きなようにさせてあげてください。


お花を飾るのもゴロゴロするのも、世界と共にいるのに必要なようですから。



18回の閲覧

最新記事

すべて表示

手の技術のプレゼンを国際会議でします

手の技術のプレゼンをアレクサンダー・テクニークの国際会議でします。 https://alti.memberclicks.net/schedule-japan-south-korea (10/18午後5時から1時間) 僕は太極拳の技術をセラピーなどの手の使い方に応用して、講習もしています(現在コロナの影響で休止中)。 その方法はモード法。流れを指標にするという意味でこの名前をつけています。 モード法

すぐ怒る人と一緒にいる方法

僕は怒ると人の言っていることが聞こえなくなるし、注意を促されないと気付かないくらいものが見えなくなります。 怒ると感覚が閉ざされる。それは誰もが感じることだと思います。 なんで感覚が閉ざされるかというと、危機回避のために情報をどこかに絞る必要があるのでしょう。 動物的な反応をしているな、と思う瞬間です。 怒るとアドレナリンが分泌され、交感神経が刺激されます。 生存の可能性を見出すために、多すぎる情

何か違うと思ったら必ず原因がある

先日、雑貨店でインドネシアのキッチンマットを買いました。 棕櫚編みの楕円形のやつです。*棕櫚ではなくアタだそうです(9月27日追記)。 よく見る形で、うちにも2つあるのですが子供が大きくなってきて、お揃いのサイズをひとつと思ったのです。 1500円。 買って帰って妻に見せると、見た目は同じだけどうちのは3000円のものだと。 並べてよく見ると、あれ、形はそっくりなのになにか違う…。 光沢が違う…で

Flow Ethics, Inc. 兵庫県神戸市東灘区田中町3-10-4 080-4134-9888 Sponsored by

Screenshot%202020-01-15%20at%2013.37_edi
Screenshot%202020-01-15%20at%2013.38_edi