• 大橋しん

相手のストーリーを頼りにする

何を頼りにセラピーをしていますか?



相手の現状には生き様が反映されています。


必ず。


生き様にはストーリーがあります。


ストーリーには、言葉で語れるものとそうでないものがあります。


僕はどちらにも興味を持ちます。


僕の興味に相手が頭で気づいたら、それは言葉で語られることもあるでしょうし、


身体が気付いたら動きで語られることもある。



相手のストーリーを頼りにすると、あなたに真偽の責任がないので、楽です。


相手のストーリーを頼りにしないで、あなたのストーリーを頼りにするから責任が生まれ、つらい思いをする。


セラピーしていてつらさや空しさ、迷いを感じるとすれば、それはあなたが相手に耳を傾けていないからです。



えらそうに失礼しました。


19回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

押さないこと。そして引かないこと

アレクサンダー・テクニークの教師になるトレーニングには幾つかの重要課題があります。 そのうちの一つに「リーディング・フォローイング」というのがあります。 指導するとき、リードすることとついて行くことを同時にやる。 また、僕の師匠ブルース・ファートマンは理想の教育者のスタンスを、 「後ろから、囁き声で勇気づける」ように、 と、著書で言い表しています。 生徒の前から引っ張って先導するでもなし、後ろから