• 大橋しん

相手のストーリーを頼りにする

何を頼りにセラピーをしていますか?



相手の現状には生き様が反映されています。


必ず。


生き様にはストーリーがあります。


ストーリーには、言葉で語れるものとそうでないものがあります。


僕はどちらにも興味を持ちます。


僕の興味に相手が頭で気づいたら、それは言葉で語られることもあるでしょうし、


身体が気付いたら動きで語られることもある。



相手のストーリーを頼りにすると、あなたに真偽の責任がないので、楽です。


相手のストーリーを頼りにしないで、あなたのストーリーを頼りにするから責任が生まれ、つらい思いをする。


セラピーしていてつらさや空しさ、迷いを感じるとすれば、それはあなたが相手に耳を傾けていないからです。



えらそうに失礼しました。


19回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

悩みと現実を分けるのに必要なのはエンカレッジ

仕事柄悩みを聴く立場であることが多いのですが、ふとした時に気付いたのは、悩みはご本人が増幅させることで、現実として本当に問題になっているということです。 本当の問題とは、健康や人間関係の悪化です。 一方、悩みとは本来、本人以外とは関係がありません。 悩みは思考活動の問題、健康や人間関係は身体活動の問題です。 アタマのことと身体のこと、ファンタジーとリアル、を明確にする。 アレクサンダー・テクニーク

Flow Ethics, Inc. 兵庫県神戸市東灘区田中町3 080-4134-9888 Sponsored by

Screenshot%202020-01-15%20at%2013.37_edi
Screenshot%202020-01-15%20at%2013.38_edi