• 大橋しん

悦楽に浸れない人生、思考にストレッチをかける

うちにはテレビがありません。


僕は11歳の頃、両親に


「もうテレビは見ない」


と言って、それ以降僕はテレビを見なくなりました。


そのかわりパソコンが普及し、スマホが普及していったので画面からは逃れられてはいませんが…。


11歳のとき何を思ったか。


テレビを見ている兄と妹の背中を見て笑い声を聞いて、


「自分がこうだったらやだな」


と思ったからです。失礼な話ですが…。



これは僕の性格を反映していて、テレビに没頭する→楽しみに浸れるということがなく、リラックスするにも何となく周囲をうかがいながら、という感じなのです。


それが伝わっているのか、一対一で話すときも相手は何となく緊張感を持つ。


ある時、相手に「なんでそんなに黙るの?」と聞いたら、「オマエがお告げでも言いそうだからだ。なんか言うことが軽くない」


とのことでした。


重いか。


修行僧みたいな人、と言われたことも何度かあります。


別にそんなつもりはないのに。



僕がとても軽快にコミュニケーションを取れるのは2群。


外国人と高齢者です。


この方々とはリラックスしてしゃべることができます。なぜか。


僕が圧倒的に知らない側だから。



逆に同年代、同業者と立場が似通うほど緊張します。


なんとなく相手の身辺に起こっていることが想像できるから。


というふうに考えていけば、僕を刺激する対象がはっきりしてきます。


「相手」のことを主体に考え、起きていないこと、「未来」を予測する傾向にある。


思考にそういう癖があるのだと思います。



今ブログで20年前のドイツ滞在中の出来事を書いているのですが、これがけっこうトレーニングになっています。


「自分」の「過去」という、普段の思考の癖の逆を思い起こすことになるから。


思考にストレッチをかけている感じですね。



今僕がこうなりたいな、と思うのは、「一緒にいて安心する存在」。


相手がうっすらと緊張して黙ってしまうことを融かしたい。


失敗や恥ずかしさに目を向けてこなかった事が、このコントロール不可能な緊張と関係ある感じがしています。


自分の過去に目を向けるのがカギな気がして、実践しているところです。


ドイツのお話も、まだまだ出てきます。お楽しみに。



14回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

押さないこと。そして引かないこと

アレクサンダー・テクニークの教師になるトレーニングには幾つかの重要課題があります。 そのうちの一つに「リーディング・フォローイング」というのがあります。 指導するとき、リードすることとついて行くことを同時にやる。 また、僕の師匠ブルース・ファートマンは理想の教育者のスタンスを、 「後ろから、囁き声で勇気づける」ように、 と、著書で言い表しています。 生徒の前から引っ張って先導するでもなし、後ろから

悩みと現実を分けるのに必要なのはエンカレッジ

仕事柄悩みを聴く立場であることが多いのですが、ふとした時に気付いたのは、悩みはご本人が増幅させることで、現実として本当に問題になっているということです。 本当の問題とは、健康や人間関係の悪化です。 一方、悩みとは本来、本人以外とは関係がありません。 悩みは思考活動の問題、健康や人間関係は身体活動の問題です。 アタマのことと身体のこと、ファンタジーとリアル、を明確にする。 アレクサンダー・テクニーク