• 大橋しん

町になれ楽しみ、油断する

最終更新: 8月25日

ライプツィヒの町に慣れてくると、だいたいのCDショップが分かってきて入り浸るようになりました。


今でこそ音楽はYoutubeでもストリーミング・サービスでもネット上になんでもありますが、音源は足で探さないと聴けない時代でした。世の中変わるものですね。


ドイツのCD屋は基本全て試聴できるので、僕はありったけの機会に聴きに行っていました。


ノラ・ジョーンズもジャック・ジョンソンも僕がドイツにいた時期に出てきて、


おお、アメリカの音楽が蘇るんじゃない?!


と思っていたらその後盛り上がりましたね〜。90年代はパッとしなかったから。


セールも頻繁にやっていてジョシュア・レッドマンのビヨンドもドイツのセールで買ってからずっと愛聴盤のひとつです。傷があるけど。


試聴できるから売り物のCDにキズがあったりします。でも皆さんあまり気にしていない様子。


そういえばスーパーの中で会計前に食べている人とかもいたり、日本人とドイツ人が真面目で似ていると言っても日本人の方が神経質なところはあってやはり違いはあります。



よく行ったお店といえばアジア雑貨の食料品。キッコーマンの醤油やサッポロ一番が置いてあるのです。


ラベルを見るとこれらは大体オランダから来ています。昔から日本と交易があったから?長崎でカステラが作られているように、オランダでも日本のものが作られるようになったのでしょうか。


いろんな国のインスタント・ラーメンがあって、それを試すのが楽しくてよく通いました。



そして学生カフェにもよく行きました。コーヒーも紅茶も1マルク60円、大きなソファやライティング・デスクをずっと使っていられます。


勉強している子もいれば騒いでいる子達もいて、枕投げができるスターバックスという感じ。


よくアンヤと待ち合わせたり、サーシャ、バブアーと連れ立ってダラダラしていました。


期末テスト前になると一緒に勉強しに行ったりしましたが、バブアーが全然やる気がなくてしょっちゅうちょっかいをかけてくるし、はかどらなかったけど、それはそれで楽しいからいいか、という感じで過ごしました。


サーシャも僕も音楽が好きで、よく手持ちのCDを交換していました。僕もサーシャもポータブルCDプレーヤーを持っていました。


サーシャのプレーヤーはしょっちゅう調子が悪くなるので、こすったり磨いたり叩いたりいていました。


僕のソニー製はそんなことはなかったので、やはり日本製はクオリティが高いんだな、と思った憶えがあります。


町の生活にも慣れ、中央駅の横のサーシャのいるアパートから12時20分の終電で帰ったりするようになりました。


危ないことなんか起こらないのでついつい油断していましたが、ある終電で思い知ることになりました。


一人でいるときに、ネオナチに囲まれてしまったのです。


8回の閲覧

最新記事

すべて表示

監獄クラブ「モーリッツ・バスタイ」に行く

ライプツィヒ大学の南側に元監獄を改修したお店「モーリッツ・バスタイ」があります。 クラブといっても昼からオープンし、地階にも吹き抜けのテラスがあって学生がたむろし、おしゃべりしたりゆっくりと読書をしていたりします。 バスタイは要塞の意味で、大学周辺の石畳一体は古代の町の要塞の名残です。 70年代に学生らによって発掘され、基金を設立して大学公認のクラブとして運営されるという面白い経緯を持つお店。 岩

アフガン・ストールで動く心情、なにも知らない日本人

11月のライプツィヒ、寒くなるとイスラムのシャール(襟巻き)、日本でアフガン・ストールと言われるチェック柄の布を巻いている若い子がちらほら見られます。 ビンラディンが頭に巻いているもの、と言えばすぐ分かるでしょうか。ざっくり首に巻いてパンクな格好をしているドイツの若者はカッコよく見えます。 どこで売っているか聞くと、革ジャンやロック・バンドの柄のTシャツが売っているお店を紹介され、買いに行きました

アレクサンダー・レッスン、2ヶ月で知らないうちに立つ

教会でのヘルムート先生のレッスンは毎回イスを使って行っていました。 後ろに持たれず、まっすぐ座った状態から、坐骨を支点に前傾したりまっすぐに戻ったりします。 先生は頭の後ろや頬骨、頭蓋のへりに当たる部分ですが、そこに優しく触れて、分かるか分からないかくらいの力で誘導していきます。 誘導と言っても、押されたり引かれたりするものではなく、ニオイがする方へ行ってみようとするように、ささやかな手がかりを頼

Flow Ethics, Inc. 兵庫県神戸市東灘区田中町3-10-4 080-4134-9888 Sponsored by

Screenshot%202020-01-15%20at%2013.37_edi
Screenshot%202020-01-15%20at%2013.38_edi