• 大橋しん

ドイツで心療内科のリハビリにアレクサンダー・テクニークが導入されていた

最終更新: 8月25日

もうひとりのアレクサンダー・テクニーク教師から連絡がありました。


ハンス=ヨルゲン・ノイマン先生は、郊外の住宅街にレッスンに来ているとのことでした。


住所と建物をメモします。プシュコテラピー・クリニック…精神科クリニック??



郊外の寮から中央の学校へ行くまでの途中です。路面電車で行くとすぐに分かりました。


一軒家の並びに、金版にクリニックと打ってある表札を見つけ、その奥に3階建ての建物がありました。


呼び鈴を押すと3階へ上がるよう言われ入っていきました。とても静かで清潔な場所で、上に上がると廊下で男性が待っていてくれました。


ハンスは70歳は超えていそうな細身の男性で、ゲルマン系ではなくユダヤ系の顔をしていました。


ニコニコしながら部屋を案内し、彼はベルリン在住であること、ここが心療内科クリニックで、この部屋はリハビリ室で彼は週に2回ここに通っていること、ここのリハビリ・プログラムには他にフェルデンクライス・メソッドやヨガがある事を教えてくれました。


要するに、精神疾患の治療としてリハビリにアレクサンダー・テクニークを導入している所でした。


医者の処方があれば保険適用になるが、僕の場合処方はないのですまないが自費で、とのことでした。


僕はそのつもりで来たので、自費で構いませんと言いました。


そして彼のレッスンを受け始めました。


彼のワーク(働きかけ)はヘルムートと違う点がいくつかあって、椅子を使ったポーズや目線と呼吸などで自分の中の「よぶんな頑張り」を見つけ、それを手放すか置いておくか選択していくものでした。


「こんなふうに自分をトレーニングする方法があるのか!」


と新鮮に驚きました。


自分のこわばりに気づいたときの、出所のわからない葛藤の後、そのこわばりを手放すと身体が心地よく感じられました。


このけっこうアクティブな「がんばり」の見つけ方は、自分で取り組める要素がいっぱいると思い、気付くのが楽しくなっていきます。


後に知ったのですが彼のレッスンは正統派の、いわゆるプロシージャーと呼ばれる手法でした。


僕は彼とヘルムートと交互にレッスンを受け続けようと思いました。



こうしてライプツィヒで、ふたりのアレクサンダー・テクニーク教師に習い、チェロのレッスンの費用をそちらにまわすことに決めました。


振り返ってみるとこの辺りの時期が、僕の興味が音楽から身体のことへ移っていた頃だったのでした。


最新記事

すべて表示

呼吸に気づくポイントが、それぞれある

呼吸を止めているポイントは、人によって様々ですが共通することもあります。 このリストの中で、呼吸を止めている事に気付いたら手放す。 止めていなくても、ひそめたり制限をかけていたりします。 呼吸を思い出すのは、究極に簡単な養生法ですね。 さて、リストはこちら。 ・何かを待っているとき ・何かを選んでいるとき ・何かを探しているとき ・何かを我慢しているとき ・何か損得を計算しているとき これは展開で

子供の集中力と親の待つ力は関係がある

子供の集中力と親の待つ能力には関係があると見ています。 うちの子は、よく「集中できる子だね」とか「この子は待てる子だね」と言われます。 確かに、他の子を見ていると、外部からの刺激や、(おそらく)頭の中の欲求に引っ張られて、気持ちが始終あちこちに行っているように見えます。 また、集中といってもうちの子は没頭するわけでもなく、話しかけたら切り替えられるくらいコントロールが効いた集中の仕方です。 返事を

こわばりをスキャンする

いつも太極拳クラスで、全身のこわばりをスキャンしています。 ヨガマットの上に仰向けになり、両膝を立てて両手はお腹の上におきます。 チェックリストは以下のよう。 ・頭皮は張ったり捻じれていないか ・額や眉はつり上がっていないか ・眉間を寄せていないか ・目玉はギュッとしていないか ・顔の筋肉は張っていないか ・口の中はおもちのようにやわらかいか ・ベロはどこかに押し付けられていないか ・アゴを頭蓋骨

Flow Ethics, Inc. 兵庫県神戸市東灘区田中町3-10-4 080-4134-9888 Sponsored by

Screenshot%202020-01-15%20at%2013.37_edi
Screenshot%202020-01-15%20at%2013.38_edi