• 大橋しん

ドイツは本当にビールとじゃがいもとソーセージばっかりか?(2)

最終更新: 8月25日

ドイツの食事情第二弾。じゃがいもばかり出るか?


じゃがいもばかり出ます


主に3つ、ブラートカルトッフェルン、じゃがいものクロース、ポンフリ


あとスープ、サラダもじゃがいもが多いです。


なぜ普及しているかというとドイツの土地はアジアより痩せていて、飢饉がある度にじゃがいもの普及を進めたという歴史があります。


もともとじゃがいもは不吉な食べ物であったと中沢新一さんの本に書いてありました。たしかコルヌコピアに関して。


スペイン人がアメリカ大陸から持ち帰った400年前、ぼこぼこと増殖するじゃがいもは薄気味悪い悪魔の食べ物と言われいやがられていたそうです。


その後簡単に栽培、収穫ができるということでフリードリッヒ大王などが奨励したと。それから国民食になっていくので、歴史はわりと浅いのですね。






こんなことを憶えていてここで書くのも、ドイツ語学校ではこういうことを題材にしてドイツ語を勉強するのです。


ドイツ人にとってじゃがいもはやや自虐的に「やっぱりいつもあるのよ」という感じで語られます。


スーパーにいくと生のじゃがいもは10kg、20kg単位で売られていることが多いので僕は買ったことがありませんでした。


一人で食べられませんから。


加工品もよく売っていて、じゃがいものスープは粉末であるし、クロース(団子)やマッシュの粉も売っていて、それらは牛乳を混ぜたりして固形物に戻して食べます。味はいまいちです。


ブラートカルトッフェルン(平ぎりの焼きじゃがいも)やポンフリ(フライドポテト)は馴染みがあるのでよく食べました。



でも誰もが一番好きだと言うのは…、



ポテトチップス



フロムU.S.Aでした。


13回の閲覧

最新記事

すべて表示

監獄クラブ「モーリッツ・バスタイ」に行く

ライプツィヒ大学の南側に元監獄を改修したお店「モーリッツ・バスタイ」があります。 クラブといっても昼からオープンし、地階にも吹き抜けのテラスがあって学生がたむろし、おしゃべりしたりゆっくりと読書をしていたりします。 バスタイは要塞の意味で、大学周辺の石畳一体は古代の町の要塞の名残です。 70年代に学生らによって発掘され、基金を設立して大学公認のクラブとして運営されるという面白い経緯を持つお店。 岩

アフガン・ストールで動く心情、なにも知らない日本人

11月のライプツィヒ、寒くなるとイスラムのシャール(襟巻き)、日本でアフガン・ストールと言われるチェック柄の布を巻いている若い子がちらほら見られます。 ビンラディンが頭に巻いているもの、と言えばすぐ分かるでしょうか。ざっくり首に巻いてパンクな格好をしているドイツの若者はカッコよく見えます。 どこで売っているか聞くと、革ジャンやロック・バンドの柄のTシャツが売っているお店を紹介され、買いに行きました

アレクサンダー・レッスン、2ヶ月で知らないうちに立つ

教会でのヘルムート先生のレッスンは毎回イスを使って行っていました。 後ろに持たれず、まっすぐ座った状態から、坐骨を支点に前傾したりまっすぐに戻ったりします。 先生は頭の後ろや頬骨、頭蓋のへりに当たる部分ですが、そこに優しく触れて、分かるか分からないかくらいの力で誘導していきます。 誘導と言っても、押されたり引かれたりするものではなく、ニオイがする方へ行ってみようとするように、ささやかな手がかりを頼

Flow Ethics, Inc. 兵庫県神戸市東灘区田中町3 080-4134-9888 Sponsored by

Screenshot%202020-01-15%20at%2013.37_edi
Screenshot%202020-01-15%20at%2013.38_edi