• 大橋しん

占い師にも謎の美女にも時々出会う

最終更新: 8月25日

僕は人生で何人もの占い師と知り合っていますが、彼女ら(全員女性)は僕を見るなり一様に似たようなことを言います。


「ああ、あんたは大丈夫。いつも誰かが助けてくれる」


のんきそうな顔がそう言わせるのかどうか分かりませんが、そうだと助かるので信じることにしています。


占い師と同様に、僕の人生には何人もの謎の美女が登場(そのうちの一人とは結婚した)し、何かと世話を焼いてくれるという展開があります。ワイマールのノリコさんも相当な美人でした。


「どうした?」


同伴していた東洋人がドイツ語でミキさんに声を掛けましたが、背の高い男性は最初僕をかなりイヤな目で見ていました。


直後に彼はミキさんに同行している韓国人で友人であると知りました。


ミキさんは男に声を掛けられるのを減らすために、出掛けるときは既婚者の男性に同伴してもらうことにしていたのです。


彼女は今までライプツィヒ大学に通っていて、編入してこの先はハノーファーかどこか西の方の大学に移るためにこの外国人局に来たそうです。


僕が学生ビザの申請に来たこと、そのビザを使って学生寮を決め、銀行で口座を作り、学生保険を組まないといけない事を話しました。


「私は寮を出て友人のところに泊まっていて次の町の寮に入れるまでしばらく予定が空いているから、手伝いましょうか?」



2時間かけて学生ビザの申請と仮証明をもらうと、待っててくれた彼女(同伴の男性は帰っていった)に連れられて、学生生協に向かいました。


18回の閲覧

最新記事

すべて表示

監獄クラブ「モーリッツ・バスタイ」に行く

ライプツィヒ大学の南側に元監獄を改修したお店「モーリッツ・バスタイ」があります。 クラブといっても昼からオープンし、地階にも吹き抜けのテラスがあって学生がたむろし、おしゃべりしたりゆっくりと読書をしていたりします。 バスタイは要塞の意味で、大学周辺の石畳一体は古代の町の要塞の名残です。 70年代に学生らによって発掘され、基金を設立して大学公認のクラブとして運営されるという面白い経緯を持つお店。 岩

アフガン・ストールで動く心情、なにも知らない日本人

11月のライプツィヒ、寒くなるとイスラムのシャール(襟巻き)、日本でアフガン・ストールと言われるチェック柄の布を巻いている若い子がちらほら見られます。 ビンラディンが頭に巻いているもの、と言えばすぐ分かるでしょうか。ざっくり首に巻いてパンクな格好をしているドイツの若者はカッコよく見えます。 どこで売っているか聞くと、革ジャンやロック・バンドの柄のTシャツが売っているお店を紹介され、買いに行きました

アレクサンダー・レッスン、2ヶ月で知らないうちに立つ

教会でのヘルムート先生のレッスンは毎回イスを使って行っていました。 後ろに持たれず、まっすぐ座った状態から、坐骨を支点に前傾したりまっすぐに戻ったりします。 先生は頭の後ろや頬骨、頭蓋のへりに当たる部分ですが、そこに優しく触れて、分かるか分からないかくらいの力で誘導していきます。 誘導と言っても、押されたり引かれたりするものではなく、ニオイがする方へ行ってみようとするように、ささやかな手がかりを頼

Flow Ethics, Inc. 兵庫県神戸市東灘区田中町3 080-4134-9888 Sponsored by

Screenshot%202020-01-15%20at%2013.37_edi
Screenshot%202020-01-15%20at%2013.38_edi