• 大橋しん

強制収容所へ行ってみる(1)

最終更新: 8月25日

飛び込みでドイツ生活を始めましたが、大阪の先生に紹介されたチェロの先生は、リスト音楽大学の准教授に当たる新進気鋭の若手で、僕がわざわざ日本からやってきたのをどう受け取ったかは分かりません。


とにかく僕は毎週リスト音楽大学に通い、彼の指導を受けながら、残りの時間はワイマールをぶらぶらして過ごしました。


念願の日本脱出で新鮮な気分でした。町をうろついてもドイツにはそこそこ外国人が流入していて、アジア人でも特に目立ちません。誰もが僕を放っておく、という状況はとても気が楽でした。


自転車はドイツでは高価なもので(最低モデルで10万円)、購入は諦め石畳の美しいワイマールをくまなく歩いて周り、お店を覗いたり、何かわからない軽食を試しに買って食べたり、本屋で立ち読みしたりして過ごしました。


まもなく音楽大学の掲示板に気が付き、ディプロマ(卒業証明)のために学生が無料でコンサートをしょっちゅう開いているのが分かったので、片っぱしから聴いてまわりました。


学生と言っても音楽大学のレベルが高いので、どの演奏もかなりの水準で、それでも演奏家として生き残るのはかなり難しいと聴きましたが、とにかく無料で浴びるほど演奏を聴ける日々を大いに楽しみました。


ワイマールは小さな田舎町なので、まもなく町なかを全部見て回ってしまい、バスで郊外に出かけるようになりました。


町のはるか向こうの丘にずんぐりした塔があるのがずっと見えていて、気になってきたのでノリコさんに何かと尋ねると、


「ブーヘンヴァルト。強制収容所があった所ですよ。」


と教えてくれました。


その途端、この町のいつも漂う重さ、小さな田舎町なのに、なんとなくピリっとしている感じ、それの正体を見た気がして、そこがますます気になってきました。




18回の閲覧

最新記事

すべて表示

監獄クラブ「モーリッツ・バスタイ」に行く

ライプツィヒ大学の南側に元監獄を改修したお店「モーリッツ・バスタイ」があります。 クラブといっても昼からオープンし、地階にも吹き抜けのテラスがあって学生がたむろし、おしゃべりしたりゆっくりと読書をしていたりします。 バスタイは要塞の意味で、大学周辺の石畳一体は古代の町の要塞の名残です。 70年代に学生らによって発掘され、基金を設立して大学公認のクラブとして運営されるという面白い経緯を持つお店。 岩

アフガン・ストールで動く心情、なにも知らない日本人

11月のライプツィヒ、寒くなるとイスラムのシャール(襟巻き)、日本でアフガン・ストールと言われるチェック柄の布を巻いている若い子がちらほら見られます。 ビンラディンが頭に巻いているもの、と言えばすぐ分かるでしょうか。ざっくり首に巻いてパンクな格好をしているドイツの若者はカッコよく見えます。 どこで売っているか聞くと、革ジャンやロック・バンドの柄のTシャツが売っているお店を紹介され、買いに行きました

アレクサンダー・レッスン、2ヶ月で知らないうちに立つ

教会でのヘルムート先生のレッスンは毎回イスを使って行っていました。 後ろに持たれず、まっすぐ座った状態から、坐骨を支点に前傾したりまっすぐに戻ったりします。 先生は頭の後ろや頬骨、頭蓋のへりに当たる部分ですが、そこに優しく触れて、分かるか分からないかくらいの力で誘導していきます。 誘導と言っても、押されたり引かれたりするものではなく、ニオイがする方へ行ってみようとするように、ささやかな手がかりを頼

Flow Ethics, Inc. 兵庫県神戸市東灘区田中町3 080-4134-9888 Sponsored by

Screenshot%202020-01-15%20at%2013.37_edi
Screenshot%202020-01-15%20at%2013.38_edi