• 大橋しん

アレクサンダー・テクニークを知らないところから

最終更新: 2020年8月25日

こんにちは!大橋しんです。


ブログもこちらに移ってきました。また連載していこうかと思いますが、改めて初心に帰って、


自分がアレクサンダー・テクニークを知らない頃から、どうやって理解していったのかを、思い出ばなしと共に、しばらく書いていきますね!


僕がベース&コントラバスからチェロに移行した十代の終わりの頃、衝撃的なことがありました。とっても楽器の上手な人と友人になったのです。僕との演奏レベルの差は三輪車とF1。


僕は当時今にも増して凡庸な、スポーツもしない奥手な男の子。友人は家業の工務店を手伝っていて、ゴムまりみたいなむきぷよ体格でエネルギーに溢れ、高くて大きな声でとにかくよくしゃべる。その割にニオイを執拗に気にするなどかなりナイーブな側面を持っていました。


友人は僕の部屋に住み着いて、一緒に寝起きしてましたが、一日中「どうやったらうまくいくんだろう」と考えているらしく、いつでも唐突に「わかった!」と言って僕にひらめいたアイデアを語るのです。内容はいつでも楽器の弾き方。


僕は今カウンセラーの資格を持っていますが、当時から根っからの聞き役で、彼がどうしてそのアイデアに至ったのかを、2時間も3時間もぶっ通してしゃべるのに付き合っていました。


友人は夜通ししゃべった後、いつの間にか寝てしまうんですが、いびきがこれまたうるさくて、やれやれと思ったりしていました。でも僕はその友人の溢れ出る探究心やエネルギーがうらやましく、断りもなく部屋に居候し続けるのにも関わらず、特に嫌いもしないで半年ほど生活を共にしました。


一緒に楽器を弾き、CD屋で音源を探し(当時はネットはまだ普及していなかった)、弁当屋に通いました。彼のアイデアは常に更新され、以前の考えに執着することがなく、いつでも大発見をした興奮をもって、僕に熱く語りました。


やがて友人は気に入った女性を追っかけて僕の部屋を離れる機会が増え、やがてそちらに移っていき僕の生活は静かなものになりましたが、僕の頭には彼の


どうやったらうまくいくんだろう


分かった!


が残ったのです。


27回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

悩みと現実を分けるのに必要なのはエンカレッジ

仕事柄悩みを聴く立場であることが多いのですが、ふとした時に気付いたのは、悩みはご本人が増幅させることで、現実として本当に問題になっているということです。 本当の問題とは、健康や人間関係の悪化です。 一方、悩みとは本来、本人以外とは関係がありません。 悩みは思考活動の問題、健康や人間関係は身体活動の問題です。 アタマのことと身体のこと、ファンタジーとリアル、を明確にする。 アレクサンダー・テクニーク

呼吸に気づくポイントが、それぞれある

呼吸を止めているポイントは、人によって様々ですが共通することもあります。 このリストの中で、呼吸を止めている事に気付いたら手放す。 止めていなくても、ひそめたり制限をかけていたりします。 呼吸を思い出すのは、究極に簡単な養生法ですね。 さて、リストはこちら。 ・何かを待っているとき ・何かを選んでいるとき ・何かを探しているとき ・何かを我慢しているとき ・何か損得を計算しているとき これは展開で

Flow Ethics, Inc. 兵庫県神戸市東灘区田中町3 080-4134-9888 Sponsored by

Screenshot%202020-01-15%20at%2013.37_edi
Screenshot%202020-01-15%20at%2013.38_edi