• 大橋しん

自分の願いを相手に叶えてもらう事は無理がある、だけど気づきにくいから腹を立ててしまう

自分の願いを相手に叶えてもらう。


どう考えても自分勝手で無理があることを、実際にしてしまうのが私達です。


何かに腹を立てる原因になるこの考え、というかこの習慣的な思考パターンは、しょっちゅう私達の生活にストレスをもたらします。


少し冷静になって、「自分の願いは自分で何とかする。できなければお願いする。断られたら諦める」というプロセスをたどれば、誰の何にも責める要素がありません。


アレクサンダー・テクニークのレッスンで「こだわりがなくなり、些細なことに腹が立たなくなった」と言われる方は多いですし、それが筋緊張にまつわることであることも、次第にわかってくるものです。



一般的には、感情は心理的・精神的なものでくくられて語られていることが多いですが、僕は感情は体のリアクションだと思っています。


感情は体のことです。


言葉のない動物の様子から、嬉しいとか怖いとか感情があることがわかるのが、そう考える理由です。


そして思考であらためて意味付けをしていると思います。



誰かがあなたのために動いてくれなかったら、その時自分の体がどうなっているか気づいてみてください。


こわばりに気づいたら、それを手放して、あらためて自分の考えに目を向けていると、意外にもまったく違った心情になったりしています。


こんなに簡単にトラブルが回避できるなら使わない手はありませんよね。試してください。


39回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

押さないこと。そして引かないこと

アレクサンダー・テクニークの教師になるトレーニングには幾つかの重要課題があります。 そのうちの一つに「リーディング・フォローイング」というのがあります。 指導するとき、リードすることとついて行くことを同時にやる。 また、僕の師匠ブルース・ファートマンは理想の教育者のスタンスを、 「後ろから、囁き声で勇気づける」ように、 と、著書で言い表しています。 生徒の前から引っ張って先導するでもなし、後ろから

Flow Ethics, Inc. 兵庫県神戸市東灘区田中町3 080-4134-9888 Sponsored by

Screenshot%202020-01-15%20at%2013.37_edi
Screenshot%202020-01-15%20at%2013.38_edi