top of page
  • 大橋しん

繊細さを封じる必要はない



自分を固めていると



事実より少しだけ、外からの刺激を大きく感じてしまう



それが過敏さであって



繊細さと異なるところ




繊細さは外からの刺激に見合った感じ方をしている



壊れやすいものは事実に基づいて



壊れるべくして壊れるが、実はそういった事はほとんど起こらない




一方過敏であると



事実に基づかずに壊れる事があり、これは割とよく起こる




だから固まっている自分をほどくのが安全に繋がるし



繊細さを封じる必要は始めからない



堂々と繊細でいればいい




閲覧数:13回0件のコメント

最新記事

すべて表示

僕らの中にある最も強い恐れ 馬鹿に見られたくないという欲求 どこから来るかは明白 収穫物のありかを知っているものと 一緒にいるのが生存率が高かった 何百万年も続いた狩猟採集時代 知っているかどうかが生き死にに関わった残酷な時代 マウントを取るという言葉は大袈裟でも揶揄でもなく 賢さをアピールする事は誰かについてきてもらいたくて 一人だと不安だからするものだった そのアピールは恐れ 優しい目で見てあ

あなたの靴を見に行ってみよう その靴がしゃべれるとすれば あなたに何を訴える? そしてあなたの心はどう動く 心が動いたら 次はどう行動する? それが「動機」 何がしたいとか 何が欲しいとか どうなりたいのか ではないよね?

余裕のある人には何がある? それは同じことをしてもあなたよりも時間を取っている ということ 見る人によってはフツーかもしれない ということは あなたはそんな人を見ることによって 自分のどこに時間を割けば 余裕のある人になれるのか もうはっきり見えているわけだ あとは実行するのみ!

bottom of page