top of page
  • 大橋しん

暴力と法律


歴史的に暴力は



他人の体を傷つけたり



縛ったり閉じ込めたりして行われてきた



それらが法律で禁止された社会は



他人に言葉で人を傷つけたり



縛ったり閉じ込めたりするようになった



それらも法律で禁止されるようになると



自分の頭の中の言葉で



自分を傷つけたり縛ったり閉じ込めたりするようになった





ここで人類は全く新しい問題にぶつかった



自分の頭の中は表に出てこないので法律が効かないし



自分が自分をどう扱うかの権利を他人が干渉することができない



だけど現実として自分の頭が自分の体に暴力を与えるというのが



起こっている



法律



法律は言葉でできている



自分



自分は体でできている



この隙間に横たわる永遠のギャップを



どうにか渡らせるアイデアが必要なのだ



暴力が止むように



あなたがあなたを傷つけるのを止めるように



そうしてその試みはまだ



世界の片隅で実験中!







閲覧数:17回0件のコメント

最新記事

すべて表示

僕らの中にある最も強い恐れ 馬鹿に見られたくないという欲求 どこから来るかは明白 収穫物のありかを知っているものと 一緒にいるのが生存率が高かった 何百万年も続いた狩猟採集時代 知っているかどうかが生き死にに関わった残酷な時代 マウントを取るという言葉は大袈裟でも揶揄でもなく 賢さをアピールする事は誰かについてきてもらいたくて 一人だと不安だからするものだった そのアピールは恐れ 優しい目で見てあ

あなたの靴を見に行ってみよう その靴がしゃべれるとすれば あなたに何を訴える? そしてあなたの心はどう動く 心が動いたら 次はどう行動する? それが「動機」 何がしたいとか 何が欲しいとか どうなりたいのか ではないよね?

余裕のある人には何がある? それは同じことをしてもあなたよりも時間を取っている ということ 見る人によってはフツーかもしれない ということは あなたはそんな人を見ることによって 自分のどこに時間を割けば 余裕のある人になれるのか もうはっきり見えているわけだ あとは実行するのみ!

bottom of page