top of page
  • 大橋しん

一緒にいること



一緒にいることの心強さは計り知れない



とはいえ、どう一緒にいるかは人によって様々だ



足の悪い人に合わせて一緒に足を引きずるのも妙だ



何も助けにならない



やたら気を使うのもどうも違う



相手は応じなければいけないしそれが邪魔になる



うるさいと感じる人の耳を塞いであげるのは余計なお世話だろう



人にはそれなりの対処があるものだ




どうやって一緒にいるのがいい?



実は…



今ここにいる人が



一番一緒にいて心地よい



自分なりのサイズにいる人が



一番心地よい



心の問題ではない



態度の問題ではない



これは体の問題なんだ



そこにいる体の



質の問題なんだ



閲覧数:20回0件のコメント

最新記事

すべて表示

僕らの中にある最も強い恐れ 馬鹿に見られたくないという欲求 どこから来るかは明白 収穫物のありかを知っているものと 一緒にいるのが生存率が高かった 何百万年も続いた狩猟採集時代 知っているかどうかが生き死にに関わった残酷な時代 マウントを取るという言葉は大袈裟でも揶揄でもなく 賢さをアピールする事は誰かについてきてもらいたくて 一人だと不安だからするものだった そのアピールは恐れ 優しい目で見てあ

あなたの靴を見に行ってみよう その靴がしゃべれるとすれば あなたに何を訴える? そしてあなたの心はどう動く 心が動いたら 次はどう行動する? それが「動機」 何がしたいとか 何が欲しいとか どうなりたいのか ではないよね?

余裕のある人には何がある? それは同じことをしてもあなたよりも時間を取っている ということ 見る人によってはフツーかもしれない ということは あなたはそんな人を見ることによって 自分のどこに時間を割けば 余裕のある人になれるのか もうはっきり見えているわけだ あとは実行するのみ!

bottom of page