押さないこと。そして引かないこと

アレクサンダー・テクニークの教師になるトレーニングには幾つかの重要課題があります。 そのうちの一つに「リーディング・フォローイング」というのがあります。 指導するとき、リードすることとついて行くことを同時にやる。 また、僕の師匠ブルース・ファートマンは理想の教育者のスタンス...

悩みと現実を分けるのに必要なのはエンカレッジ

仕事柄悩みを聴く立場であることが多いのですが、ふとした時に気付いたのは、悩みはご本人が増幅させることで、現実として本当に問題になっているということです。 本当の問題とは、健康や人間関係の悪化です。 一方、悩みとは本来、本人以外とは関係がありません。...

自由ってどんなこと?あなたは自由の身ですか?

新年あけましておめでとうございます! いつも当サイトにご訪問いただきありがとうございます。 今年初めのブログは、自由について。 10年前にアメリカ、ニューメキシコ州に行ってアレクサンダー・テクニークのブルース先生の所に滞在しました。...

分かるようにスッキリさせるのは情報提供者。先生はあなたと一緒にもがく人

僕を導いてくれた先生たちはどんな人達か。 何かをスッキリ分からせてくれた人… そんな人はいませんでした。 謎の谷に突き落とし、自分で這い上がってくるように。 そう言う人たちばかりでした。 と、いうのも、僕は分かってスッキリ!な発言をする人を先生と認知して来なかったから。...

怒りにはエネルギーがいるので延々と怒ってはいられない。問題はそれに反応した身体をどう解除するか。

僕は以前、一度怒られた人が何年経ってもずっと苦手になってしまうくらい、怒りは延々と続くものだと思っていました。 それが、人の悩みを聞いているうちに、そうでもないことに気付きました。 怒りはエネルギーが沢山必要なので、あっという間に消費されてしまうのです。...

悲しみは時間が必ずなんとかしてくれる。一方、一緒にいる人はどうしたらいい?

絶望した人の依頼を受けたことがあります。 夫を水難事故で亡くしたばかりの人でした。 僕はその時、ここまで打ちひしがれた人に対して仕事をするのは初めてでした。 眠れず、夜明けに後追い自殺を考えると。引きこもり、身体がガチガチなのでそれだけでもどうにかしてほしいと。...

不調に対し治療以外の選択肢を持つ

僕のところには「医者に治らない、仕方ないと言われた」「随分通ったけど楽になるのはその時だけ」「ネットで治ると書かれて行ったけど何も変わらなかった」と、どこかでの治療が頓挫した後に来られる人が多くいます。 僕はお仕事を受ける前に、「治療ではありませんよ」という事を必ず伝え、そ...

不調を治すのは希望

以前勤めていた整形外科クリニックでは複雑な事情を持つ人達を主に担当していました。 入職するとき、クリニックの院長からミッションをもらっており、そのために個室を与えられました。 「オレでは良くならない人たちを、どうにかしてくれるか?」...

自然な笑顔は自然に出る

ずっと以前のことですが、肩こりがひどくてとうとう首が回らなくなったとのことで来られた女性がいました。 困っていると言いながら終始笑顔、というか口角が上がったままなのです。 お仕事は…と尋ねるとデパート案内のかなり上の立場。...

感じやすい人(HSP)への導入

ハイリー・センシティブ・パーソン(HSP)、超感じやすい人という言葉がちらほら見られるようになりました。 それってある程度みんなそうじゃないの? て思われますが、本人に突っ込んで聞くと相当困った事態に陥るようです。 本人が困って、本人だけでなく周りにも社会生活に支障が出ると...

年齢を重ねユニークは極まる

僕は子供の頃からユニークな存在に魅了されてきました。 そして十代になるとユニークな振る舞いをしたくてしょうがなかった。 今大人になって、世間の大人を見ると、誰もがある種のユニークさを持っている事に気づきます。 子供の頃、ユニークさを持ちたかったのは、大人になりたかった事の変...

これだ!の正体は迷い

魚拓やメダル、目に見える成果って飾っておきたくなるのが人情。 成果は見方を変えれば執着です。 執着って本能かな?て思ってましたが、僕の子供を見ていて、違うな、と思うようになりました。 うちのある一つの木箱には折り紙から紙で作った造形物でいっぱいになっています。...

自分のスタイルと「らしさ」の違い

これが私のスタイルなの! という言葉に、どのような印象を持たれますか? また、私らしさと、私のスタイルはどう違うか? これらは混同されていることが多いのですが、ふとした時にこの混同が大きな障壁になったりします。 問題を感じ、変化が必要なときに。...

アトピーを終わらせたのは心からのあきらめ

知人に一晩でアトピーが好転した人がいます。 その方は学生の頃からアトピーに悩まされていました。 夜はかきむしって血まみれだし、ステロイドを強くしてもきりがない。 なんで自分だけこんな目に…今お悩みの方と同じように、腹立たしい気持ちでいる毎日。...

人に宿る野生、筋肉でコミュニケーションを取る

僕のリハビリはマッサージもストレッチも筋トレもありませんが、可能性がある人は状態が次第に良くなっていきます。 僕は思考を超えて筋肉と交渉している感じがあります。 筋肉には野生が宿っているのが分かります。 というより、人に眠る野生を筋肉から知ることができます。...

多国籍空間で気づく日本と日本人の根強いクセ、世界とは繋がったほうがよいと生徒に言っているのなら、自分から

アレクサンダー・テクニーク国際会議で発表してきました。 きました、と言ってもウェブ会議なので、家からのお送りでしたが…。 本来ノース・キャロライナの予定だったのですが、コロナでどこも移動できないので今年はウェブで開催されました。 僕は手の使い方について発表しました。...

空間から与えられること

僕の通っていたトレーニング校が、ドイツのアレクサンダー講師の講座をお世話することがありました。 失礼がないように、お世話のチームは会議所で、絨毯敷きの大きな部屋を用意しました。 講座を終えて、その講師に部屋はどうだった?と尋ねました。...

手の技術のプレゼンを国際会議でします

手の技術のプレゼンをアレクサンダー・テクニークの国際会議でします。 https://alti.memberclicks.net/schedule-japan-south-korea (10/18午後5時から1時間) 僕は太極拳の技術をセラピーなどの手の使い方に応用して、講習...